平成29年度木製遊具貸出事業

木製遊具
熊本の木で作った木製遊具を貸し出します。
熊本県では、子どもたちに、木のぬくもりを肌で感じてもらう機会を提供し、木に親しみをもってもらえるよう、県産のヒノキとスギでつくった積み木セットや迷路ハウスなどの木製遊具の貸出をしています。​

お申し込みは、下記を印刷してお使いください。

木育2017(D)
(doc形式ファイル:32KB)
※Word文書(97〜2003形式)です。こちらからも...どうぞ。

木育2017(P)
(pdf形式ファイル:90KB)
※PDF文書です。こちらからも...どうぞ。
木製遊具の貸出、及び下記の木育プログラムはすべて無料です。

<貸し出す木製遊具の種類>
☆ヒノキの積み木(1セット=木箱3箱)
絵本とおはなしの店 ぺぺぺぺらん 木製遊具(1)
直方体、三角柱、円柱など1セットで約1,000ピースあります。

☆ヒノキの棒(1セット=木箱2箱)
絵本とおはなしの店 ぺぺぺぺらん 木製遊具(3)
直径2cmと3cmの円柱形の棒が1セットで約700ピースあり、棒プールや積み木遊びに使えます(棒プールのための木枠もついています)。

☆迷路ハウス
木製遊具(2)
18本の支柱に渡し棒をセットし、適当な場所に目隠し布を張れば迷路遊びが楽しめます。

☆引き車 5台
絵本とおはなしの店 ぺぺぺぺらん 木製遊具(4)
車に乗って、ゆっくり進んだり、引いたりして遊べます。
 
<お申し込み、お問い合わせ>
NPO法人子育て支援ワーカーズ ぺぺぺぺらん
TEL・FAX 096(337)0450
熊本市北区麻生田1丁目2-2 mail@pepepeperan.com
​​

<貸出の対象>
★幼児教育、保育、子育て支援活動のため、乳幼児の集団を対象として使用する団体及びグループなど、
★震災により避難する乳幼児の生活する場所で遊具を管理するもの

<貸出の条件>
★各種類1セット、最大3セット。
 別に引き車3台まで借りることができます。
★1回の貸出期間は1ヶ月以内です。
★貸出期間中に下記の木育プログラムの受け入れが可能なこと。
 下記「木育プログラム」から一つをお選びください。

<木育プログラム>
乳幼児期の子ども達なので、まずは木に興味や親近感を覚えてもらうことを目的にプログラムをたてました。その中で、木の特性や森の役割、大切さをしり、自然の中でも樹木に関心を持てるように工夫をしました。木製遊具の貸出を希望する団体は、この中から一つ選んでください。子どもさんの年齢にあった指導をいたします。

1.木と親しむおはなし会(所要時間:30分程度)
森や木を題材にした絵本・紙芝居の読み聞かせやペープサート、パネルシアターなどを利用し、おはなしの世界と実体験を重ね合わせながら木の良さを伝えます。
  ■0~3才未満
(1)絵本を読む前に、木琴、拍子木、鳴子、パーカッションなどを使って木の音を聞かせます。
(2)木に親しむ絵本、紙芝居、オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせをします。
(3)パネルシアター、エプロンシアター、パネルシアターなど
  ■3才以上
(1)絵本を読む前に、木琴、拍子木、鳴子、パーカッションなどを使って木の音を聞かせます。
(2)木に親しむ絵本、紙芝居、オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせをします。
(3)木をテーマにした手遊クイズなど
(4)パネルシアター、エプロンシアターなど
 
2.ワークショップ:木を使って絵を描こう(所要時間:1時間程度)
 実際に木を触って、形をみて、想像力で色つけをすることによって木に親しみ木への感性を培います。
*材料費がかかります。
  ■3才未満
木に親しむ絵本・オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせの後、
様々な木片を集め、様々な断片を利用してそこに絵具をつけてスタンプを押すよう絵を描きます。
  ■3才以上
木に親しむ絵本・紙芝居・オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせの後、
様々な木片、木の葉、木の枝を集めて、それらを使って描いて楽しみます。
 
3.ワークショップ:木の教室(所要時間:60分程度)
木育インストラクターの指導のもと、様々な木の匂い、感触、たたき合わせた時の音などを感じてもらい、また木を使って物作りをし、木の良さを感じてもらいます。
  ■3才未満
(1)木に親しむ絵本・紙芝居・オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせをします。
(2)いろんな種類の木に触れさせ、匂いや感触、音を体験します。
(3)木のボールを板の上から転がして遊んだり、動きを楽しみます。
(4)魚の形をした木片に色を塗ったあとに魚釣りをして遊びながら、木の良さを感じてもらうなど
  ■3才以上
(1)木に親しむ絵本・紙芝居・オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせをします。
(2)木の実験やクイズをします。
(3)コマに色を塗る。昔の玩具(独楽・けん玉・だるまおとし・竹とんぼ)で遊び楽しみます。

※木育プログラムを実施できない時
以下の木育セットを貸出し、保育者に木育を実施していただきます。
 (1)森や木を題材にした絵本の貸出
 (2)日本の伝統玩具または木製品の貸出
 (3)オリジナルのパネル紙芝居を作成し、小さい子にもわかりやすく、木の良さ、大切さを感じてもらう。
 (4)「積み木の遊び方の注意」の貸出

<お申し込み、お問い合わせ>
NPO法人子育て支援ワーカーズ ぺぺぺぺらん
TEL・FAX 096(337)0450
熊本市北区麻生田1丁目2-2 mail@pepepeperan.com