平成30年度木製遊具貸出事業

​​
木製遊具
新しいチラシ(2種類)ができました。ご覧ください。
木製遊具チラシ 木製遊具チラシ熊本県
​熊本の木で作った木製遊具を貸し出します。
熊本県では、子どもたちに、木のぬくもりを肌で感じてもらう機会を提供し、木に親しみをもってもらえるよう、県産のヒノキとスギでつくった積み木セットや迷路ハウスなどの木製遊具の貸出をしています。​
木製遊具2017追  ←熊本県のチラシです。
 新しい木製遊具の紹介です(pdf形式:440KB)
 
木製遊具201801 木製遊具201802 木製遊具201803
木製遊具201804 木製遊具201805 木製遊具201806
木製遊具201807 木製遊具201808 木製遊具201809
木製遊具201810 木製遊具201811 木製遊具201812
 

お申し込みは、下記を印刷してお使いください。
​------
木製遊具貸出申込書
(doc形式ファイル:37KB)
※Word文書(97〜2003形式)です。こちらからも...どうぞ。


木製遊具貸出申込書
(pdf形式ファイル:68KB)
※PDF文書です。こちらからも...どうぞ。
木製遊具の貸出、及び下記の木育プログラムはすべて無料です。
 
<貸し出す木製遊具の種類>
☆ヒノキの積み木(1セット=木箱3箱)
絵本とおはなしの店 ぺぺぺぺらん 木製遊具(1)
直方体、三角柱、円柱など1セットで約1,000ピースあります。

☆ヒノキの棒(1セット=木箱2箱)
絵本とおはなしの店 ぺぺぺぺらん 木製遊具(3)
直径2cmと3cmの円柱形の棒が1セットで約700ピースあり、棒プールや積み木遊びに使えます(棒プールのための木枠もついています)。

☆迷路ハウス
木製遊具(2)
18本の支柱に渡し棒をセットし、適当な場所に目隠し布を張れば迷路遊びが楽しめます。

☆引き車 5台
絵本とおはなしの店 ぺぺぺぺらん 木製遊具(4)
車に乗って、ゆっくり進んだり、引いたりして遊べます。
 
<お申し込み、お問い合わせ>
NPO法人子育て支援ワーカーズ ぺぺぺぺらん
TEL・FAX 096(337)0450
熊本市北区麻生田1丁目2-2 mail@pepepeperan.com
​​

<貸出の対象>
★幼児教育、保育、子育て支援活動のため、乳幼児の集団を対象として使用する団体及びグループなど、
★震災により避難する乳幼児の生活する場所で遊具を管理するもの

<貸出の条件>
★各種類1セット、最大3セット。
 別に引き車3台まで借りることができます。
★1回の貸出期間は1ヶ月以内です。
★貸出期間中に下記の木育プログラムの受け入れが可能なこと。
 下記「木育プログラム」から一つをお選びください。

<木育プログラム>
乳幼児期の子ども達なので、まずは木に興味や親近感を覚えてもらうことを目的にプログラムをたてました。その中で、木の特性や森の役割、大切さをしり、自然の中でも樹木に関心を持てるように工夫をしました。木製遊具の貸出を希望する団体は、この中から一つ選んでください。子どもさんの年齢にあった指導をいたします。

1.むおはなし会(所要時間:30分程度)
 森や木をテーマにした絵本・オリジナル紙芝居の読み聞かせのほか、ペープサート、パネルシアターなどを使って、おはなしの世界と実体験を重ね合わせながら木の良さを伝える。木片を打ち合わせながらわらべうたをうたい、子どもたちの興味を誘う。
※年齢に合わせたおはなし会を実施する。
 
2.木育ワークショップ(所要時間:50分程度)
 木片アートにチャレンジ! 木のおさかなを釣りあげよう!コマ作りしよう。
 実際に木に触れながら、木の感触や匂いなどを体感してもらう。
  ■0~3才
□プラン1
(1)木をテーマにした絵本・紙芝居・オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせをする。
(2)様々な大きさの木片の断片に色をつけたものを使って、スタンプを押すようにして絵を描く。
□プラン2
(1)木をテーマにした絵本・紙芝居・オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせをする。
(2)木で作ったさかなに絵を描いて、さかなつりをして遊ぶ。
  ■3才以上
□プラン1
(1)木をテーマにした絵本・紙芝居・オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせをする。
(2)大きさの違う木片に色をつけて、スタンプのように押したり、木の葉、木の枝を使って絵を描く。
□プラン2
(1)木をテーマにした絵本・紙芝居・オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせをする。
(2)木製の駒に色を塗って、まわしてみる。
3.積み板のワークショップ(所要時間:40分程度)
 積み板を貸し出したところに、積み板でいくつかの造形を作ってみせる。積み板で色々な造形ができることを知ってもらった後は、子ども自身の創造力にまかせて積み上げていくことで、木を身近に感じ、楽しさを体感する。
 
3.ワークショップ:木の教室(所要時間:60分程度)
 木育インストラクターの指導のもと、様々な木の匂い、感触、たたき合わせた時の音などを感じてもらい、また木を使って物作りをし、木の良さを感じてもらう。また、大きい子どもたちには、熊本県には、どんな木がたくさんあるのかも知らせたい。
  ■0~3才未満
(1)木に親しむ絵本・紙芝居・オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせをする。
(2)いろんな種類の木に触れさせ、匂いや感触、音を体験する。
(3)魚の形をした木片に色を塗ったあとに魚釣りをして遊びながら、木の良さを感じてもらう。
  ■3才以上
(1)木に親しむ絵本・紙芝居・オリジナル大型紙芝居などを使った読み聞かせをする。
(2)木の実験・・・水の中に種類の違う木片やまつぼっくりをいれてみる。
  年輪クイズ・・・木には年齢があることを知る
  コマに色を塗る。昔の玩具(独楽・けん玉・だるまおとし・竹とんぼ)で遊び楽しむ。

※木育プログラムを実施できない時
以下の木育セットを貸出し、保育者に木育を実施していただきます。
 (1)森や木を題材にした絵本の貸出
 (2)日本の伝統玩具または木製品の貸出
 (3)オリジナルのパネル紙芝居を作成し、小さい子にもわかりやすく、木の良さ、大切さを感じてもらう。
 (4)木育セットの使い方がわかるような写真をつけた説明書をつける。
 (5)「積み木の遊び方の注意」を絵で描いたパネルの貸出

<お申し込み、お問い合わせ>
NPO法人子育て支援ワーカーズ ぺぺぺぺらん
TEL・FAX 096(337)0450
熊本市北区麻生田1丁目2-2 mail@pepepeperan.com